医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > データ解析で共同研究-LDIなど3者、癌患者のアウトカム評価

データ解析で共同研究-LDIなど3者、癌患者のアウトカム評価

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月16日 AM10:40

(LDI)、、ファイザーは14日、電子カルテ情報を含む医療ビッグデータを解析し、癌患者の臨床アウトカムを評価する方法論の研究を3者で進めると発表した。次世代医療基盤法に基づく匿名加工医療情報提供に向けた契約を3者間で締結し、研究成果を個別化医療の進展や医薬品の早期開発などにつなげる。

共同研究では、医師の診療録などテキストデータが多く含まれる電子カルテの情報を、臨床アウトカムの評価に資するデータとしての取得方法を検討する。その上で、電子カルテ情報から、治療の効果や安全性に関する臨床アウトカムを生成する方法やアルゴリズムの開発に取り組む。さらに解析の実施に必要な情報を、全国の施設情報が含まれたデータベースから取得できるか確認する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ