医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに

【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月02日 AM11:00

厚生労働省は11月30日、2018年度「国民医療費の概況」を公表した。医療機関などで保険診療の対象となる治療にかかった費用の総額は43兆3949億円となり、前年度から3239億円(0.8%)増加した。診療報酬改定や人口減少の影響で前年度の伸びよりも低くなったが、厚労省は「改定の影響を除けば、例年と同様の傾向にある」との見方を示した。

国民医療費の総額を年齢階級別に見ると、0~14歳は2兆5300億円、15~44歳は5兆2403億円、45~64歳は9兆3417億円、65歳以上は26兆2828億円と、65歳以上の医療費が全体の60.6%と約6割を占める傾向に変化はなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論
  • 【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需
  • 【政府】コロナ対応の全体像策定へ-経口薬、年内実用化を明記