医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに

【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月02日 AM11:00

厚生労働省は11月30日、2018年度「国民医療費の概況」を公表した。医療機関などで保険診療の対象となる治療にかかった費用の総額は43兆3949億円となり、前年度から3239億円(0.8%)増加した。診療報酬改定や人口減少の影響で前年度の伸びよりも低くなったが、厚労省は「改定の影響を除けば、例年と同様の傾向にある」との見方を示した。

国民医療費の総額を年齢階級別に見ると、0~14歳は2兆5300億円、15~44歳は5兆2403億円、45~64歳は9兆3417億円、65歳以上は26兆2828億円と、65歳以上の医療費が全体の60.6%と約6割を占める傾向に変化はなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増
  • 【政府戦略会議】バイオ薬市場の倍増目標-10年後視野に戦略具体策
  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も