医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に

【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月02日 AM10:50

日本エイズ学会学術集会がウェブ上で開催され、薬局薬剤師の取り組みをテーマにしたシンポジウムでは、抗HIV薬の進化で可能になったHIV感染患者の長期療養をいかに支えるかについて意見が交わされた。患者の高齢化に伴って、嚥下障害が生じると抗HIV薬の大きな錠剤を服用しづらくなったり、他疾患の治療薬が増えると気づかないまま併用禁忌薬を服用する可能性がある。演者の薬局薬剤師は、これらの状況をしっかり把握し、対処するよう呼びかけたほか、今後進むと見られる在宅医療でも役割を発揮するよう求めた。

抗HIV薬の進化によって、HIV感染症はコントロール可能な慢性疾患になった。長期間の療養が実現したことで、高齢化に伴う嚥下障害や併存疾患との薬物治療に注意を払う必要性が高まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】かかりつけ薬剤師以外が対応-指導料算定薬局の6割で
  • 【PMDA】既承認製品を対照群にーコロナワクチン治験で見解
  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論