医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で

【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月27日 AM10:40

厚生労働省の「」が24日に開かれ、新型コロナウイルス感染症の影響によって、今年度上期の川下取引で十分な価格交渉ができなかった実態が明らかにされた。単品単価取引の割合等の数値は前年度とほぼ同様だったが、交渉において前年度と同様の期間、回数を確保できていない医薬品卸企業が約6割に上った。

厚労省によると、2020年度上期の川下取引に関して、単品単価取引の割合は20店舗以上の調剤薬局で95.2%、200床以上の病院で83.3%で、前年度とほぼ同水準となった。9月時点での妥結率は95%で、昨年や一昨年と同様に9割を超える水準を確保した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用
  • 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理
  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」