医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ

【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ

読了時間:約 2分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月18日 AM10:30

厚生労働省は15日、予算の無駄を検証する政府の行政改革推進会議「秋の行政事業レビュー」で、薬事承認された医療用医薬品の品目について具体的な薬価算定を行う薬価算定組織の審議概要や委員名簿などを公開する考えを示した。現在は企業秘密保護の観点などから原則非公開としているが、評価者から透明性確保を求める意見が相次いだことから対応を表明。非公開とする場合は、理由を説明するとした。

医療用医薬品の薬価算定をめぐっては、薬学や医療経済学等の専門家で構成する薬価算定組織が具体的な算定案を検討した上で、中央社会保険医療協議会に報告している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で