医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず

【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月16日 AM10:30

厚生労働省は、ヒトや動物など各分野における耐性菌の検出状況と抗菌薬の使用量動向をまとめた年次報告書を公表した。2019年の使用量は13年と比べて10.9%減少し、4年連続で減少した。ただ、「前年の使用量からの減少幅は乏しい」と評価し、医療従事者などに対する教育啓発活動を続ける必要があると指摘した。

報告書は、国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターなど複数の調査結果をまとめ作成したもの。販売量に基づいたヒトにおける抗菌薬の使用量は、13年と比べて10.9%減少した13.28DIDで、内服薬が全体の91.8%を占めた。この結果について、4年連続で減少したものの、「18年の使用量からの減少幅は乏しい」と評価した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】北日本製薬に業務停止28日-承認書と異なる方法で製造
  • 【予防接種・ワクチン分科会】3回目接種、実施を了承-接種後の免疫減弱に対応
  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化