医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省合同会議】アラート機能を追加へ-電子処方箋運用で方向性

【厚労省合同会議】アラート機能を追加へ-電子処方箋運用で方向性

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月11日 AM10:45

厚生労働省は6日、2022年をメドに運用を開始する電子処方箋について、処方・調剤情報をもとに重複投薬や相互作用などをチェックするアラート機能をシステムに付加する方向性を、健康・医療・介護情報利活用検討会と作業部会の合同会議に示した。委員から反対意見は出ず、次回以降に電子処方箋システムでアラートが発せられた場合など疑義が生じた場合に、疑義照会を行うための仕組みやルールを検討する。

電子処方箋システムをめぐっては、オンライン資格確認等システムを基盤とした仕組みの構築が進められている。この日の合同会議では、来年度に医療機関や薬局のレセプトコンピュータのシステム改修が予定されている中、電子処方箋運用の各場面ごとの詳細な論点を整理し、運用イメージが示された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望
  • 【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ
  • 【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず