医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】最優先は10~20品目程度-安定確保薬の分類で方向性

【厚労省】最優先は10~20品目程度-安定確保薬の分類で方向性

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月06日 AM10:15

厚生労働省は2日、「医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議ワーキンググループ」で、安定確保が特に必要と位置づけた551品目について最優先で取り組むべき品目、優先して取り組むべき品目など三つのカテゴリーに分類する方向性を示し、概ね了承された。最優先品目は10~20品目程度、優先品目は30品目程度を想定。厚労省はカテゴリー分けの作業を進め、年明け後に次回会合を開き、2021年3月中旬~下旬をメドに本会議に報告したい考え。

9月に公表した関係者会議の取りまとめでは、長年医療現場で汎用され、安定確保が特に必要な医療用医薬品551品目について、▽対象疾患が重篤▽代替薬または代替療法がない▽多くの患者が服用している▽製造の難しさや製造量など製造状況やサプライチェーンの状況――の視点から、WGでカテゴリー分けした上で、必要な対策を取るべきとの考えを示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望
  • 【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ
  • 【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず