医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒

【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月26日 AM10:40

日本薬剤師会が全国163の薬局を対象に新型コロナウイルス感染症による薬局経営に関する影響を調査した結果、8月の処方箋受付回数は前年同月比で10.8%減となったものの、7月調査の13.6%減に比べてやや改善していることが分かった。技術料は新型コロナウイルス感染症が拡大した4月以降では最も影響が小さかった一方、薬剤料は7月調査から悪化した。日薬では、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が起こる可能性から、「予断を許さない状況が続いている」と引き続き警戒が必要と見通している。

8月調査で技術料は、前年同月比6.4%減と7月の7.9%減から改善した一方で、薬剤料は7.0%減と7月の5.1%減から悪化している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチOTC化で中間案-薬剤師が重要な役割担う
  • 【厚労省】市場価格との乖離率8%-薬価調査の速報結果報告
  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性