医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 新型コロナ、O型は感染しにくく重症化しにくい可能性-デンマーク/カナダのコホート研究

新型コロナ、O型は感染しにくく重症化しにくい可能性-デンマーク/カナダのコホート研究

読了時間:約 2分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月26日 PM02:45

新型コロナ、O型の人は感染しにくい?

血液型が、新型コロナウイルスの感染リスクや感染した場合の重症化リスクに影響を与える可能性を示唆する2件の研究結果が、「Blood Advances」10月27日号に掲載された。これらの研究から、O型の人は新型コロナウイルスに感染しにくく、感染した場合も重症化しにくいことが示されたという。


画像提供HealthDay

一つ目の研究は、オーデンセ大学病院()のTorben Barington氏らが実施した後ろ向きコホート研究で、ABO式血液型と新型コロナウイルスへの感染のしやすさの関連について検討された。解析対象者は、2020年2月27日〜7月30日の間に、デンマークで新型コロナウイルスの検査を受けた全ての人(47万3, 654人)と非感染者である一般集団220万4,742人(対照群)。新型コロナウイルスの検査を受けた人のうち、RT-PCR検査で新型コロナウイルス陽性と診断されたのは7,422人(陽性群)であった。

それぞれの血液型の人が、対照群と陽性群に占める割合を比較した結果、O型の人が占める割合は、陽性群では38.41%であったのに対し、対照群では41.69%に上った(O型の人の新型コロナウイルスに感染する相対リスクは0.87)。その一方で、A、B、AB型の人が占める割合は、いずれも対照群に比べて陽性群での方が多かった(:42.39%対44.41%、B型:11.46%対12.09%、AB型:4.47%対5.09%)。この結果から研究チームは、A、B、AB型の人は、O型の人よりも新型コロナウイルスに感染しやすい可能性があると結論付けている。

二つ目の研究は、ブリティッシュコロンビア大学()のMypinder Sekhon氏らが実施した後ろ向きコホート研究である。この研究では、2020年2月21日〜4月28日の間に、カナダで集中治療室()に入室した、(COVID-19)の重症患者のうち、ABO式血液型の判明した95人を対象に、血液型とCOVID-19の重症化との関連が検討された。

その結果、A型またはAB型の患者は、O型またはB型の患者に比べて、人工呼吸器を必要とした人の割合と、COVID-19による肺損傷の発生率が高いことが示唆された。また、腎不全による透析を必要とする人の割合も、A型またはAB型の患者の方が多かったことも明らかになった。この研究論文の上席著者であるSekhon氏は、「われわれの研究のユニークな点は、血液型がCOVID-19の重症度に与える影響に焦点を当てたことだ。研究では、肺と腎臓の損傷が、A型またはAB型の人に、より生じやすいことが確認された。今後の研究で、血液型とCOVID-19が重要臓器に及ぼす影響を明らかにしていきたい」と述べている。

これら2件の研究結果は、COVID-19患者のうちA型またはAB型の人は、O型またはB型の人と比べて、臓器障害または臓器不全のリスクが高い可能性のあることを示唆している。また、A型またはAB型の人は、O型またはB型の人よりも、入院期間が短かったが、集中治療室への入室期間は長かった。このことは、A型またはAB型の人で、COVID-19がより重症化していたことを示している可能性がある。

Sekhon氏は、「現在では、COVID-19の急性期を切り抜けた生存者が数多くいる。このことは、パンデミックを乗り切っていく上で非常に心強い要素だ。今後の研究で、COVID-19のより長期的な影響に関するリスクを層別化するためのメカニズムを探っていく必要がある」と話している。(HealthDay News 2020年10月14日)

▼外部リンク
Reduced prevalence of SARS-CoV-2 infection in ABO blood group O

HealthDay
Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 平日と週末の「食事を取る時刻の違い」が、健康リスクを高める?
  • 新型コロナ、母子感染および新生児の感染リスクは低い-英報告
  • 「人の勧め」で自然と触れ合う精神疾患患者、メンタルヘルス改善につながっている?
  • 出産後に働く女性、働いていない女性と比較して「衰えにくい」能力は?
  • 新型コロナ回復後も喉の痛みと鼻炎が続く人は「無症候性キャリア」の可能性