医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲

地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月16日 AM10:20

田村憲久厚生労働相は14日に専門紙と共同会見し、2021年8月に開始予定の地域連携薬局について、「国民に分かりやすく内容を周知する必要がある」と述べ、在宅医療などに一元的・継続的に対応できる薬局機能の啓発に意欲を示した。また、来年度薬価改定の実施見通しに関しては、薬価調査の結果を精査した上で議論する考えを示した。

改正医薬品医療機器等法の一部内容が9月に施行され、薬剤師による継続的な服薬指導が義務化された。田村氏は「薬剤師の専門職種としての役割が広がることを明確化したので、オンライン服薬指導の成果も含め、施行後の状況を注視する必要がある」との考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増
  • 【政府戦略会議】バイオ薬市場の倍増目標-10年後視野に戦略具体策
  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査