医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬局認定、連携が制度の肝-山本審議官が講演「点数でない先手打つ業務を」日本薬剤師会学術大会

薬局認定、連携が制度の肝-山本審議官が講演「点数でない先手打つ業務を」日本薬剤師会学術大会

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月14日 AM11:15

厚生労働省の山本史審議官(医薬担当)は11日、札幌市で開かれた日本薬剤師会学術大会で講演し、来年8月に施行予定の薬局認定制度について、「地域の他職種、他施設とどう情報共有し、患者のためにネットワークを組んで仕事をするかが制度の肝だ」とし、「最終的にはOTC医薬品の取り扱いを含め、フルスペックの薬局を実現してほしい」と求めた。さらに「点数が付いたことしかしていないと、他の薬局の先を行くサービスは提供できない」と述べ、先手を打つ取り組みを促した。

山本氏は、改正薬機法で先駆的医薬品や条件付き早期承認などが法制化されたことを受け、「(革新的な医薬品を供給していく上で)医療現場や地域として、しっかりと受け止めていく必要があり、その受け皿を評価していくために薬局や薬剤師の機能を見直すことにした」と述べ、薬局認定制度を導入した目的を説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒
  • 【厚労省】外箱符号にGS1コード-添付文書の電子提供で方針
  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し