医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬局方部会】第18改正局方案を了承-「通則」に元素不純物管理

【薬局方部会】第18改正局方案を了承-「通則」に元素不純物管理

読了時間:約 1分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月07日 AM11:10

薬事・食品衛生審議会日本薬局方部会は5日、2016年3月以来5年ぶりの大幅改正となる第18改正日本薬局方案を了承した。製剤中の元素不純物の管理に関するICHガイドラインの内容を一般試験法、薬局方の一般ルールである「」に適用したほか、フルジアゼパム錠など計33品目を医薬品各条に盛り込んだ。厚生労働省は、2021年6月に官報告示し、内容を施行する予定。

第18改正日本薬局方は、▽保健医療上重要な医薬品の全面的収載▽最新の学問・技術の積極的導入による質的向上▽医薬品のグローバル化に対応した国際化の推進▽必要に応じた速やかな部分改正および行政による円滑な運用▽改正過程における透明性の確保および普及――の五つの基本方針に基づいて作成した。日本薬局方の大幅改正は例年4月に施行されるが、新型コロナウイルス感染症などの影響により、2021年6月に告示、施行する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲