医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【臨床腫瘍薬学会】「外来がん治療専門薬剤師」新設-改正薬機法対応で研修実施

【臨床腫瘍薬学会】「外来がん治療専門薬剤師」新設-改正薬機法対応で研修実施

読了時間:約 2分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月07日 AM11:10

日本臨床腫瘍薬学会は、改正医薬品医療機器等法によって2021年8月に創設される「専門医療機関連携薬局」に対応するため、必要な要件を備えた薬剤師を「」として認定する新制度をスタートさせる。薬局薬剤師が癌診療病院で実地研修を受けることが大きな柱。今年度内にモデル研修を実施した上で、2021年度から本格的に開始する。加藤裕芳理事長は「社会的なニーズに応えるため、個人薬局の薬剤師も参加しやすい制度になっている。ぜひ多くの人に取得してもらいたい」と話している。

■薬局向け、2021年4月開始

同学会は、改正薬機法を受け、昨年秋から専門医療機関連携薬局に対応するための検討を進めており、現行の「外来がん治療認定薬剤師」を基礎に、新たな要件として実地研修を追加した専門薬剤師制度を新設することを決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲