医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与

【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月25日 AM10:30

福岡県医薬品適正使用促進連絡協議会が18日、県庁舎内で開かれ、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟の入院患者を対象に実施した「処方適正化アプローチ事業」の最終報告が神村英利委員(福岡大学薬学部教授)から行われた。今回、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟でもスクリーニング項目該当患者群で減薬される割合が高いことが判明。両病棟でも薬学的介入は処方の適正化に寄与することが分かった。

同事業は、東京大学病院で実施している「薬剤師による持参薬評価テンプレートを用いたスクリーニング」を導入して処方適正化の有効ツールとしての検証を実施してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒
  • 【厚労省】外箱符号にGS1コード-添付文書の電子提供で方針
  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し