医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断

【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月23日 AM10:45


■田村厚労相が会見

田村憲久厚生労働相は17日に記者会見し、初診患者のオンライン診療の利用を認める時限的措置の恒久化について、検討を進める考えを明らかにした。中間年となる2021年度薬価改定については、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して検討するとした「経済財政運営と改革の基本方針2020」(骨太方針)に基づき、実施するかを判断するとした。

オンライン診療は、安全性や有効性等に配慮した上であれば特例として初診患者の利用が認められているが、菅義偉首相はオンライン診療の恒久化を検討するよう指示している。特例措置の存続について、田村氏は「安全性、有効性、場合によってはなりすましもあり、これらを担保できるかを考える必要がある。オンライン診療の恒久化に向けた検討を進めていく」との考えを明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒
  • 【厚労省】外箱符号にGS1コード-添付文書の電子提供で方針
  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し