医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断

【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月23日 AM10:45


■田村厚労相が会見

田村憲久厚生労働相は17日に記者会見し、初診患者のオンライン診療の利用を認める時限的措置の恒久化について、検討を進める考えを明らかにした。中間年となる2021年度薬価改定については、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して検討するとした「経済財政運営と改革の基本方針2020」(骨太方針)に基づき、実施するかを判断するとした。

オンライン診療は、安全性や有効性等に配慮した上であれば特例として初診患者の利用が認められているが、菅義偉首相はオンライン診療の恒久化を検討するよう指示している。特例措置の存続について、田村氏は「安全性、有効性、場合によってはなりすましもあり、これらを担保できるかを考える必要がある。オンライン診療の恒久化に向けた検討を進めていく」との考えを明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】北日本製薬に業務停止28日-承認書と異なる方法で製造
  • 【予防接種・ワクチン分科会】3回目接種、実施を了承-接種後の免疫減弱に対応
  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化