医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日本学術会議が提言】患者情報把握できる環境を-薬局での薬学的管理に必須

【日本学術会議が提言】患者情報把握できる環境を-薬局での薬学的管理に必須

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月16日 AM11:15


■日本学術会議が提言

日本学術会議は、薬学委員会に設置した薬剤師職能とキャリアパス分科会が策定した提言「持続可能な医療を担う薬剤師の職能と生涯研鑽」を発表した。薬剤師を取り巻く環境の変化を踏まえ、今後求められる職能の方向性をアカデミアの立場から示すと共に、実現に必要な社会システムや生涯研鑽のあり方を具体的に提示した。提言では過去の提言内容を拡充したほか、新たに適正な薬学的管理を行う上で必要な患者情報を薬局薬剤師が把握できるような社会環境の整備を強く求めている。

提言は、薬剤師の職能や社会制度のあるべき姿について五つの柱でまとめた。具体的には、▽地域医療への能動的関与▽薬学的管理に必要な患者情報の確保▽卒前教育と卒後教育の調和▽領域別認定・専門薬剤師制度の改革▽薬剤師レジデント制度の整備――を求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断