医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【がん研究センター】日本主導でアジア試験網-抗癌剤開発の基盤構築へ

【がん研究センター】日本主導でアジア試験網-抗癌剤開発の基盤構築へ

読了時間:約 1分43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月09日 AM10:45

国立がん研究センター中央病院は、日本主導によるアジア国際共同試験ネットワークの構築に向け、「アトラスプロジェクト」を開始した。抗癌剤開発を推進するマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムと連携し、アジア地域で医師主導による国際共同治験のプラットフォーム構築を目指す。今後、患者レジストリを用いた希少癌、アジアで罹患率が高い子宮頸癌のアジア共同治験を計画し、恒常的に5試験以上の国際共同治験を実施できる体制を整備したい考え。

アジア地域における抗癌剤開発をめぐっては、企業治験の実施機会が少なく、使用可能な抗癌剤の数が限られるなど治験実施体制の整備が課題となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ