医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【政府が確保方針】コロナワクチン、来年前半に全国民へ-米モデルナとも供給で合意

【政府が確保方針】コロナワクチン、来年前半に全国民へ-米モデルナとも供給で合意

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月31日 AM10:15


■政府が確保方針

政府は、来年前半までに新型コロナウイルス感染症ワクチンを全国民に提供できる数量を確保する方針を公表した。米バイオベンチャーのモデルナが開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、武田薬品の流通・販売のもと、来年上半期から約4000万回分の供給を受けられる基本合意を締結した。加藤勝信厚生労働相は28日に記者会見し、「最終契約に至っていないが、ファイザーとアストラゼネカからの供給を単純に足し合わせれば、全国民に供給できる量を超えることになる」と述べた。

加藤氏は「ワクチンを来年前半までに全国民に提供できる数量を目指し、国内外を問わずワクチンの供給に関する契約を進めていく」と語った。7月に米ファイザー、今月にアストラゼネカとワクチンの供給で基本合意しているが、さらに今回、米モデルナが開発するワクチンを武田薬品の流通・販売のもと、来年上半期から約4000万回分の供給を受けられる契約の基本合意に至った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直し検討開始-「スポンサー」導入など論点
  • 【厚労省】コロナ中等症にも投与可-ベクルリーの添付文書改訂