医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ALS/FTLDを引き起こす異常伸長リピートRNAが分解される仕組みを解明-阪大

ALS/FTLDを引き起こす異常伸長リピートRNAが分解される仕組みを解明-阪大

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月31日 PM12:30

C9orf72変異細胞で異常伸長リピートRNAが蓄積

大阪大学は8月27日、)や筋萎縮性側索硬化症()といった難病を引き起こす「」(chromosome 9 open reading frame 72)遺伝子のリピート延長変異をもつ患者の細胞で、異常に伸長したリピートRNAがRNAエクソソームにより分解されていることを明らかにしたと発表した。これは、同大大学院医学系研究科精神医学の森康治助教、河邉有哉氏(当時博士課程)、池田学教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「The EMBO Journal」に掲載されている。


画像はリリースより

遺伝子において同じ塩基配列が繰り返して続くものをリピート配列と呼ぶ。異常に伸長したリピートRNA配列は、スプライシング異常を誘導し、細胞核内で毒性を帯びたRNA凝集体を形成して、しばしば病気の原因となる。今回注目したC9orf72の異常伸長リピート配列は、FTLDとALSを引き起こす。患者由来のC9orf72変異細胞では、異常伸長リピートRNAが蓄積していることがわかっていたが、細胞内で異常伸長リピートRNAがどのように分解されるかはわかっていなかった。

異常伸長リピートRNAから産生されるDRPが、RNAエクソソームの活性阻害

今回、研究グループは、疾患モデル細胞を用いて、C9orf72遺伝子の非タンパク質翻訳領域に由来する異常伸長リピートRNAがRNAエクソソームにより分解されていることを明らかにした。患者由来のC9orf72変異細胞で、RNAエクソソームの発現を低下させると、多数のリピートRNA凝集体が確認されたという。

さらに、「ジペプチド・リピート・タンパク質」(DPR)が、RNAエクソソームの活性を阻害して異常伸長リピートRNAの分解を抑制し、その結果、より多くの異常伸長リピートRNAが細胞内に蓄積することもわかった。DPRは、異常伸長リピートRNAやリピートRNAから、開始コドン非依存性の翻訳(RAN翻訳)を受けて生じ、本遺伝子変異によるFTLDおよびALSの病態に強く関与していると考えられている。

RNAエクソソームの異常は、橋小脳低形成と呼ばれる、まれな新生児期の神経系疾患を引き起こすことがすでに知られており、RNA分解系の異常は神経の発達や生存に重要な役割を果たしていると考えられる。「研究成果がC9orf72リピート伸長変異に関連するFTLDおよびALSの病態解明に寄与するところは大きく、シークエンス技術の発展により近年続々と発見されている他のリピート配列関連疾患の病態解明への応用も期待される」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 妊娠初期から発達する父親の親性脳の活動パターンに個人差があることを発見-京大ほか
  • 肥満の代謝制御ネットワーク機能不全を大規模に解明-東大ほか
  • 口腔内細菌が「食道がん」リスクとなる可能性-東京医歯大ほか
  • 統合失調症の新たな治療標的「PPARα」発見-理研ほか
  • 妊婦約2万人血中鉛濃度と出生児体格との関連を調査-京大ほか