医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 40歳以上の夫婦は同じ生活習慣病にかかりやすいと判明-筑波大

40歳以上の夫婦は同じ生活習慣病にかかりやすいと判明-筑波大

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月05日 PM12:15

遺伝的なつながりはなくても、衣食住を共にする夫婦は同じ病気になりやすい?

筑波大学は7月31日、40歳以上の夫婦約8万7,000組を対象とした解析結果から、夫婦は同じ生活習慣病になりやすいことが明らかになったと発表した。これは、同大医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野/ヘルスサービス開発研究センターの田宮菜奈子教授、杉山雄大准教授、渡邊多永子元助教(現厚生労働省)らの研究グループによるもの。研究成果は、「BMJ Open」にオンライン版に掲載されている。


画像はリリースより

生活習慣病の発症に遺伝と生活の両方が関連することはよく知られている。夫婦は多くの場合、遺伝的なつながりはないが、同居して同じ食事を摂るなど、飲酒や喫煙、運動などのライフスタイルに影響を与え合っている。生活が似通うため、配偶者が生活習慣病を持つ人は、そうでない人と比べて、配偶者と同じ生活習慣病を発症するリスクが高いと考えられる。夫婦間での病気の一致、不一致を明らかにすることは、生活の改善によってどの程度生活習慣病を予防できるのかの示唆を得ることにつながる。また、多くの夫婦が生活習慣病のリスクを共有しているのであれば、夫婦単位で医学的な介入をすることで、生活習慣病の予防、発見、悪化防止に役立つ可能性がある。他国で行われた先行研究では夫婦が同じ生活習慣病になりやすいことは示されていた。そこで研究グループは、日本における大規模調査を行った。

夫が脂質異常症で治療、その妻も脂質異常症で治療を受けるリスクは約2.6倍高い

2016年国民生活基礎調査の匿名回答データを2次利用し、共に40歳以上の8万6,941組の夫婦を分析対象とした。まず、それぞれの疾患()について、夫の各疾患の治療の有無別に、妻が同じ病気で治療を受けている割合を算出し、カイ二乗検定を使用して割合に違いがあるかを検討した。その結果、夫が高血圧、糖尿病、脂質異常症で治療を受けている妻は、夫がその病気で治療を受けていない妻と比べて、同じ病気で治療を受けている割合が高いことが示された。

次に、多変量ロジスティック回帰分析を実施し、夫婦の居住場所や経済状況、妻の年齢・学歴・飲酒・喫煙・他の疾患での治療の有無の影響を調整した上で、夫が各疾患で治療を受けている場合に、妻が同じ病気で治療を受ける相対リスク(調整後オッズ比)を推定した。夫が高血圧、糖尿病、脂質異常症で治療を受けている場合で、妻が同じ病気で治療を受ける相対リスクはそれぞれの疾患で、約1.8倍、1.5倍、2.6倍であることが示された。

臨床現場において、家族歴として患者の血縁者の疾患について聴取することの重要性は知られている。しかし、この研究から、生活習慣病の予防、早期発見、悪化防止のためには、血縁のない家族にも気を配る必要性が示唆される。また、家族が共に健康でいるために、一緒に食事や運動などの生活を改善したり、健康診断を受けたりすることは、多くの人々にとって重要である。「今後、こうした疾患の一致のメカニズムや、家族が共に健康でいるためにどのような取り組みが望ましいか詳しく研究していく」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ATLに対する同種造血幹細胞移植後、他臓器に先行して目に炎症が出現-東京医歯大ほか
  • 社会行動に関わる「ソーシャルセル」をマウスの大脳島皮質で発見-神戸大
  • ポマリドミド特異的なネオ基質「ARID2」が抗がん作用に関与-東工大ほか
  • 新型コロナ感染に関わる7つの遺伝子に、地域・民族間の差がないと判明-北大ほか
  • 3次元オンライン診療システム「ホロメディスン」を開発-順大ほか