医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ラニチジンとニザチジン、発癌リスクの評価結果報告-抗潰瘍薬の投与期間で差

【厚労省】ラニチジンとニザチジン、発癌リスクの評価結果報告-抗潰瘍薬の投与期間で差

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月29日 AM10:15

厚生労働省は27日、発癌性物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出され、自主回収の対象となった抗潰瘍薬のラニチジン塩酸塩と類薬のニザチジンの発癌リスクを評価した結果を、薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会に報告した。ラニチジン経口製剤を8週間毎日服用した場合は約50万人に1人(0.0002%)の割合で過剰に発癌するリスクがある一方、2年間毎日服用した場合は約20万人に1人(0.0005%)まで上昇するなど、短期間と長期間の投与で差が見られた。

ラニチジンをめぐっては、海外で発癌性物質のNDMAが検出され、国内でも一部製剤で暫定基準値を上回る量が検出されたことから、製薬各社が昨秋に自主回収を実施した。類似薬のニザチジンの一部製剤についても同様の措置が取られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案