医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会で了承】規模縮小で薬価調査実施-対象範囲は8月以降議論

【中医協総会で了承】規模縮小で薬価調査実施-対象範囲は8月以降議論

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月28日 AM10:15


■中医協総会で了承

中央社会保険医療協議会は22日の総会で、2020年度薬価調査の実施を了承した。新型コロナウイルス感染症の対応で医薬品卸の流通体制が例年と異なることや疲弊した医療現場の負担増を考慮し、調査対象となる販売側の医薬品卸は全体の3分の2(67%)、購入側の医療機関・薬局は前回調査の半分に設定した。具体的な調査の対象範囲などは8月以降に議論する見通し。

今年度の薬価調査実施をめぐっては、新型コロナウイルスへの対応で疲弊した医療現場の負担増などを懸念した診療側から反対意見が続出。一方、支払側からは、政府の方針に沿って例年通り実施するよう求める声が上がっていたため、結論が出ていなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案