医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬物乱用対策推進会議、大麻検挙、過去最高更新-20代以下の若年層に浸透

薬物乱用対策推進会議、大麻検挙、過去最高更新-20代以下の若年層に浸透

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月15日 AM10:30


■19年薬物情勢

厚生労働大臣など関係閣僚で構成する薬物乱用対策推進会議は、大麻や覚醒剤等の所持、使用などによる検挙者数を示した「2019年薬物情勢」を公表した。20代以下の若年層の浸透などで大麻の検挙者数は4570人で過去最多となった一方、覚醒剤は8730人で44年ぶりに1万人を下回った。インターネット上の取り締まり強化などで危険ドラッグの検挙者数は183人と4年連続で減少した。

昨年1年間に、、覚醒剤、麻薬・向精神薬、あへんの所持や使用などで検挙された人は1万3860人で、前年から462人(3.2%)減少し、2年ぶりに減少した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案
  • 【政府】コロナワクチン供給で合意-米ファイザーと6000万人分
  • 【AMED】創薬ライブラリーの基盤構築-複数企業化合物を一元管理