医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価

国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価

読了時間:約 2分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月03日 AM10:30

条件付き早期承認制度で3月に承認を取得した日本新薬の核酸医薬品「ビルテプソ点滴静注」(一般名:)の効果や安全性を長期的に評価するレジストリの骨格が固まった。(NCNP)がデータセンターとなって、多施設のデュシェンヌ型筋ジストロフィー()患者情報を集積するレジストリ「Remudy-」を新たに立ち上げる。NCNPトランスレーショナル・メディカルセンター長の小牧宏文氏が6月30日、ウェブセミナーで概要を明らかにした。

ビルテプソには、条件付き早期承認制度が適応され、第II相臨床試験までのデータで承認された。治験症例が限られることから、承認条件には全症例での使用成績調査の実施や有効性・安全性の確認を目的とした臨床試験の実施、国内レジストリを用いた調査の実施が義務づけられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案
  • 【政府】コロナワクチン供給で合意-米ファイザーと6000万人分
  • 【AMED】創薬ライブラリーの基盤構築-複数企業化合物を一元管理