医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提

製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月29日 AM10:15


■NITEが最終報告

製品評価技術基盤機構(NITE)は26日、新型コロナウイルスに有効な消毒法について、新たに2種類の純石けん分と有効濃度35‌ppm以上の次亜塩素酸水が有効との最終報告をまとめ公表した。議論を呼んでいる次亜塩素酸水の有効性をめぐっては、北里大学の検証でウイルス不活化が認められず、検討委員会において検証を継続していたが、最終的に「濃度の濃い」次亜塩素酸水を「十分量」使用することにより、新型コロナウイルスの消毒に有効と結論づけた。

NITEは、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒法の選択肢を増やすため、4月に検討委員会を設置。消毒法の有効性について評価を進めてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断
  • 【北里大学病院】イベルメクチンで医師治験-コロナ対象、来年3月終了へ
  • 【政府】共同購入の枠組み参加-コロナワクチン、15日付で