医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早

「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月29日 AM10:30


■加藤厚労相が表明

加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「」の新型コロナウイルス感染症を対象とした薬事承認について、今月中の承認を見送る考えを示した。有効性を評価する臨床試験に関して、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示された」ことを踏まえて判断したものだが、「有効性が確認されれば、迅速に薬事承認する方針は変わらない」とも述べた。

加藤氏は、臨床研究の継続可否を判断するための中間解析について、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示されており、臨床試験は継続になったと承知している」とし、今月中の承認を見送る考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【機器・体診部会】同時検査キットをOTC化-コロナ、インフル流行対応
  • 【要指導・一般薬部会】要指導薬で初の抗肥満薬-大正のダイレクトOTC
  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案