医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早

「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月29日 AM10:30


■加藤厚労相が表明

加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「」の新型コロナウイルス感染症を対象とした薬事承認について、今月中の承認を見送る考えを示した。有効性を評価する臨床試験に関して、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示された」ことを踏まえて判断したものだが、「有効性が確認されれば、迅速に薬事承認する方針は変わらない」とも述べた。

加藤氏は、臨床研究の継続可否を判断するための中間解析について、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示されており、臨床試験は継続になったと承知している」とし、今月中の承認を見送る考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • AMRアクションファンド、製薬主導で国際ファンド-AMR薬開発へ10億ドル
  • 【藤田医科大学】アビガンの有効性認めず-ウイルス消失に有意差なく
  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念