医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 新型コロナ感染症(COVID-19)対策で、人工呼吸器生産を従来の約4倍に強化-フィリップス

新型コロナ感染症(COVID-19)対策で、人工呼吸器生産を従来の約4倍に強化-フィリップス

読了時間:約 2分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月01日 PM12:45

人工呼吸器生産は毎週4,000台を目標に

株式会社フィリップス・ジャパンは4月28日、オンラインでプレスセッションを開催した。同セッションでは、同社代表取締役社長の堤浩幸氏が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する同社の取り組みについて講演した。


株式会社フィリップス・ジャパン
代表取締役社長 堤浩幸氏

冒頭で、堤氏は医療従事者をサポートするソリューションの一つとして、医療現場での需要が高まっている人工呼吸器の、同社における生産状況について触れた。従来、人工呼吸器の生産は500台/週程度であったが、1月には1,000台/週程度にまで強化。今後は4,000台/週まで生産拡大を目指すとし、「現在、4,000台/週に近い生産体制になりつつある」と発表した。なお、汎用型人工呼吸器については、1万5,000台/週の生産を目標としているという。堤氏は、「今後も、タイムリーに供給できるような努力を行っていく」と述べた。

COVID-19の重症度別・施設状況にあわせたソリューションを提供

続いて堤氏は、COVID-19の重症度別に、施設の状況にあわせたソリューションを紹介。まず、無症状者・軽症患者が滞在するホテルなどに対するソリューションとして、「」「」などを紹介した。

SOSボタンは、医療機関におけるナースコールのようなサービスで、患者がボタンを押すと、スマートフォンアプリを通じてスタッフに通知が届く仕組み。ナースコール設備のないホテルなどの施設においても、すぐにシステム構築が可能だという。同社は、COVID-19対応に特化した製品として、「SOSボタンLite」を導入。想定される使用者の重症度は、今後増加が予想される「無症状者・軽症患者」で、導入ケースとしては、患者を受け入れるホテルなどの施設や、自宅療養者への利用を想定しているという。

遠隔問診は、新型コロナウイルスへの感染が疑われる患者が、自宅にいながらオンラインで症状の評価を受けるシステムで、事前スクリーニングにより患者の来院を制御することを目的としている。患者がパソコンやスマートフォンから問診に回答すると、結果がクラウドへアップロードされる仕組みだ。感染リスクが高い患者の通常外来への来院を防ぎ、別の対策をとることで、院内感染のリスクを抑えるといった効果が期待される。同社は、遠隔問診だけでなく、酸素濃縮器、汎用人工呼吸器等をパッケージソリューションとしても提供する。

次に、軽症・中等症患者に対応する医療機関(関連する特別施設を含む)に対するソリューションとして、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)などを紹介した。同サービスでは、医療機器などを搭載した車両(モビリティ)で患者の元へ向かい、モビリティ内で検査やオンライン診療を実施したり、モビリティに搭載した医療機器などをCOVID-19の軽症患者が滞在するホテルなどの施設に持ち込み、検査やオンライン診療を実施したりする。同サービスにより、患者の医療機関への来院を必要最小限にとどめることや、医療従事者への感染リスク低減が期待できる。

最後に、重症患者に対するソリューションとして「」を紹介。同サービスでは、ICUなどにいるベッドサイドスタッフと支援センターの専門スタッフが遠隔で連携することにより、COVID-19患者の管理を行うことができる。同サービスについて「ICU専門の医療従事者が少ない現状において、ひとつのサポートになれば」と堤氏。同サービスは薬事未承認で現在トライアル中だが、堤氏は「現場の医療従事者の負担軽減や患者の早期退院のために、今後拡大を目指したい」と、考えを述べた。

対応の中長期化に向け、サステイナブルなオペレーションが必要に

新型コロナウイルス感染拡大により、今後、COVID-19患者への対応が中長期化する可能性も出てきた。このような状況を受けて「サステイナブルなオペレーションが必要」と、堤氏はコメント。「(COVID-19治療では)いかに軽症で抑えるかが大切で、仮に中等症に移行したとしてもそこで食い止めたい」とし、「今後も、新型コロナウイルス対策に特化した最適なソリューションを強化、具体化していく」と述べ、講演を締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 下水処理水の消毒によるウイルス不活化効率予測モデルを構築-東北大
  • 内視鏡診断支援機能「CAD EYE」搭載の「EW10-EC02」発売へ-富士フイルム
  • ミトコンドリア病を迅速かつ高精度に診断可能な全自動デバイスを開発-久留米大ほか
  • AI手法を組み合わせ、機能向上と副作用低下を両立させた人工心臓をデザイン-産総研
  • COVID-19肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォームを開発-NIIほか