医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 加藤厚労相「できる限り短く対応」-新型コロナ薬の審査期間

加藤厚労相「できる限り短く対応」-新型コロナ薬の審査期間

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月24日 AM10:15

加藤勝信厚生労働相は21日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症に対する治療薬の審査期間について、先駆け審査指定制度を適用した場合を念頭に「6カ月にこだわるつもりは全くない。できる限り短く対応したい」との考えを示した。

この日の会見で加藤氏は、新型コロナウイルスを対象とした治療薬の審査期間に言及。「非常に緊急性を要する。結果が出れば、それを薬事承認につなげるプロセスはできるだけ短期化し、1日でも早く国民に有効と確認された治療薬を届けるよう努力したい」との考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ