医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > N95マスクが低温滅菌器で再生処理後に再利用可能ー米国で緊急使用承認

N95マスクが低温滅菌器で再生処理後に再利用可能ー米国で緊急使用承認

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月23日 PM01:45

FDAが再生処理したN95マスクの再利用を承認

米食品医薬品局()は4月10日、病院の医療従事者が呼吸器防護具であるN95マスクやその同等品を再生処理して再利用することを認める緊急使用承認(Emergency Use Authorizations;EUA)を与えたことを発表した。FDAは、この措置により、全米で1日当たり約75万枚のN95マスクが再生処理されるとしている。FDA長官のStephen Hahn氏は、「この承認により、米国の約2,000カ所の病院ですぐに利用できる過酸化水素ガス滅菌器を用いて、この滅菌器と互換性のあるN95マスクおよびその同等品を再生処理できる」と述べている。


画像提供HealthDay

EUAが認められたのは、STERIS社の過酸化水素ガス低温滅菌器V-PRO 1 Plus、V-PRO maX、V-PRO maX2を用いた低温滅菌システムである。これは、滅菌チャンバー内にマスクを置き、過酸化水素ガスをチャンバー内に送りこんで滅菌する方法で、汚染されたさまざまな種類の器具を滅菌できる。N95マスクの場合、1度に10枚をおよそ28分で再生処理できるという。マスクは同一の医療従事者が用いるものとし、マスクの再生処理は10回まで行うことが可能である。

FDAはさらに4月12日、過酸化水素低温プラズマ滅菌器を用いたN95マスクの再利用にもEUAを与えた。過酸化水素低温プラズマ滅菌は、気化した過酸化水素およびそのプラズマの作用で滅菌する方法。N95マスクの場合、1度に10枚をおよそ24~55分で再生処理できるという。マスクの再生処理は最大で2回まで可能。この滅菌法を利用できる病院は米国に6,300カ所、総計9,930台の滅菌器があり、1日当たり約400万枚のN95マスクまたは同等品の再生処理が可能だとしている。

Hahn氏は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの最前線にいる医療従事者が、感染予防に重要な役割を果たすN95マスクを再生処理して再利用できるということは、N95マスク不足の解消に役立つ大きな前進の一つである」と述べている。(HealthDay News 2020年4月10日)

▼外部リンク
Coronavirus (COVID-19) Update: FDA Issues Second Emergency Use Authorization to Decontaminate N95 Respirators

HealthDay
Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 50歳以上でBMI30以上、標準体重の人に比べて認知症発症リスクが約3割高い
  • 新型コロナ感染がきっかけで糖尿病?相互作用を探る国際レジストリ「CoviDIAB」発足
  • 全身麻酔に使用されるハロゲン化揮発性麻酔薬は、温室効果ガスとして100年以上残存?
  • 50歳以上対象の大規模調査から判明、寿命延伸との関連が示された「活動」とは?
  • 最先端技術を搭載した「チップ」でがんを検出?初期研究で90%以上の精度