医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 鑑別が困難な脳梗塞BADの超急性期診断マーカーとしてPTX3が有用-新潟大

鑑別が困難な脳梗塞BADの超急性期診断マーカーとしてPTX3が有用-新潟大

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月13日 PM12:00

脳梗塞発症時にBADを鑑別できる有効なバイオマーカーはない

新潟大学は4月10日、炎症性タンパク質の一つであるPentraxin3()が、脳梗塞の病型の一つであるbranch atheromatous disease()では超急性期に高値となり、診断バイオマーカーとなることを初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大脳研究所脳神経内科学分野の二宮格特任助教、金澤雅人准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「European Journal of Neurology」に掲載されている。


画像はリリースより

脳卒中は、日本での死因の第4位、寝たきりの原因の1位となっている。高齢化社会を迎え、脳卒中患者は急増し、3人に1人が脳卒中を発症する時代に突入した。脳梗塞の中でも、BADは発症時に症状が軽いことが多く、特にラクナ梗塞との鑑別が困難で、入院後から症状が悪化し、最終的に重篤な後遺症を残すことも多い。現在までに脳梗塞発症時にBADを鑑別できる有効なバイオマーカーはなく、通常は発症数日後に、症状が進行することを確認して初めてBADと診断される。

BADとラクナ梗塞は病態機序が異なっており、ラクナ梗塞が穿通枝動脈遠位のリポヒアリノーシスによる動脈破綻であるのに対し、BADは穿通枝動脈の開口部のアテローム硬化性変化が主体であるといわれている。炎症性タンパク質のPTX 3PTX3は、炎症反応の初期に関与する。近年では頸動脈内の不安定プラーク内免疫細胞は、BAD病態に関与することが指摘されている。研究グループは、プラークの不安定化に伴い、炎症を反映するPTX3PTX3は、BADの早期診断バイオマーカーとなり得ると考えた。

入院時に血清PTX3測定で、精度よくBADを診断可能

研究グループは、PTX3がBADのバイオマーカーとなり得るかどうかを検証するために、93人の脳梗塞入院患者について、入院時の血清PTX3をELISA法により測定した。その結果BAD患者で、血清PTX3濃度が発症から24時間までの入院時に有意に高値であることが明らかになった。血清PTX3値に関して2,778pg/mlをカットオフ値とすると、感度77%、特異度77%でBADを入院時に診断できることも明らかとなった。

BADは現在までに有効な診断バイオマーカーがない。研究グループは、「PTX3を用いて早期にBADが鑑別できることで、新しい治療法に対する前向き研究を計画することが可能となり、現在治療が極めて困難な、今後のBADの治療開発にも大きく貢献することができる」と、述べている。また、より診断に寄与できるキット開発を産学共同で検討しており、特許出願を行い、臨床応用することを目指して研究を進めているとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか