医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【19年度薬学教育評価】国際医福大の総合判定保留-入学選抜を問題視、留年多く

【19年度薬学教育評価】国際医福大の総合判定保留-入学選抜を問題視、留年多く

読了時間:約 2分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月13日 AM10:15

薬学教育評価機構は、2019年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった医療創生大学、熊本大学、城西大学、城西国際大学、、徳島文理大学香川薬学部、、広島国際大学、福岡大学、松山大学、、国際医療福祉大学の13校のうち、12大学は評価基準に適合と認定されたが、国際医療福祉大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、国際医療福祉大は評価結果に異議申立をしており、現在審査中となっている。認定期間は27年3月31日まで。

■大学側は結果に異議申立

今回、総合判定が保留となった国際医療福祉大の評価で、重大な問題点が認められると判定されたのは、▽カリキュラム編成▽医療人教育の基本的内容▽学生の受入▽教員組織・職員組織▽自己点検・評価――の5項目。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価