医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 政府、【補正予算案決定】「アビガン」備蓄に139億円-ワクチン開発の動き強化も

政府、【補正予算案決定】「アビガン」備蓄に139億円-ワクチン開発の動き強化も

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月10日 AM10:30

政府は7日の臨時閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する緊急経済対策と、その裏付けとなる2020年度補正予算案を決定した。感染拡大を防ぐため、期間を限定して初診患者を含めたオンライン診療の実施や、対面患者へのオンライン服薬指導などを認めた。富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「」(一般名:)を年度内に200万人分備蓄するため、厚生労働省の予算として139億円を充て、不足する130万人分を購入することなども盛り込んだ。西村康稔経済再生担当相は補正予算案について、「一日でも早く成立させ、実行に移すことで現在の難局を乗り越えたい」との考えを示した。

緊急経済対策では、同ウイルスが世界経済に与える影響について「戦後最大とも言うべき危機に直面している」とし、緊急事態宣言発令後の経済対策として、▽感染拡大防止策と医療提供体制の整備および治療薬開発▽将来を見据えた強靱な経済構造の構築――などに国が戦略的に取り組むこととした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品