医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 米ジョンソン・エンド・ジョンソン、新型肺炎ワクチン供給へ-来年初頭、緊急用10億回分

米ジョンソン・エンド・ジョンソン、新型肺炎ワクチン供給へ-来年初頭、緊急用10億回分

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月03日 AM10:15

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は3月30日(米国時間)、米国生物医学先端研究開発局(BARDA)と連携し、新型コロナウイルスワクチンの供給体制を強化すると発表した。米国に製造拠点を設立し、全世界に10億回分のワクチンが供給できるよう生産能力を拡大する。今後、新型コロナウイルスワクチンの第I相試験を開始予定で、規制当局からの承認取得後、来年初頭には緊急パンデミック用ワクチンの供給を目指す。

同社は、1月から新型コロナウイルスワクチンの研究開発に取り組み、このほど製造へと進む有望なリードワクチン候補を見出米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は3月30日(米国時間)、米国生物医学先端研究開発局(BARDA)と連携し、新型コロナウイルスワクチンの供給体制を強化すると発表した。した。遅くとも9月までには臨床試験を実施し、年内にはワクチンの有効性と安全性に関する臨床データが得られる見込みという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ
  • 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早
  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト
  • 製品評価技術基盤機構、洗剤がウイルス除去に有効-新型コロナの消毒法検証
  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分