医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力

【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月30日 AM10:15

日本製薬工業協会と日本医療研究開発機構()は27日、新型コロナウイルス感染症の医薬品開発に向け連携強化していくことを確認した。今後、両者は既存薬から新型コロナウイルス感染症治療薬を見出すドラッグリポジショニングやワクチン開発、中和抗体医薬品の研究開発で協力し、治療薬開発を目指していく。

新型コロナウイルス感染症治療薬のドラッグリポジショニングをめぐっては、製薬協加盟各社が厚生労働省や国立感染症研究所からの依頼に基づき、原薬提供の協力を行っている。AMEDの創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BIND)事業でも、新型コロナウイルス感染症の治療薬開発に向け、既存薬から治療薬候補を選定するインシリコスクリーニングを実施しているが、良好な活性が認められる化合物については、今後、製薬協会員企業から化合物原薬を提供してもらえるよう協力を呼びかける。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ
  • 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早
  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト
  • 製品評価技術基盤機構、洗剤がウイルス除去に有効-新型コロナの消毒法検証
  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分