医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価

【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月27日 AM11:15

国立国際医療研究センターは23日、新型コロナウイルス感染症治療薬の選択について、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「」の安全性と有効性を評価する国際共同治験に、早ければ今月中に参加すると発表した。大曲貴夫国際感染症センター長は、「人類の危機に対して速やかに標準薬を決める必要がある」と説明。未承認であるものの、他の抗ウイルス薬よりも低濃度でウイルス増殖を抑える同剤を使用する。同ウイルスの感染症患者約440人が参加する予定で、米国など参加国全体でデータを100例収集した時点で今回の治験の評価を行う考え。

大曲氏

レムデシビルは、ウイルスの増殖を抑え、ラッサ熱ウイルス、)や重症急性呼吸器症候群()を含むコロナウイルスなどに対する抗ウイルス活性が確認されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ
  • 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早
  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト
  • 製品評価技術基盤機構、洗剤がウイルス除去に有効-新型コロナの消毒法検証
  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分