医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日医調査】新型コロナ検査で不適切例-余力ないPCR体制背景

【日医調査】新型コロナ検査で不適切例-余力ないPCR体制背景

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月23日 AM10:30

日本医師会は18日、新型コロナウイルス感染症に罹患しているかどうかを判断するPCR検査について、医師が検査が必要と判断したにも関わらず、保健所に断られた「不適切事例」が全国で290件に上ることを公表した。大阪府47件、神奈川県41件、東京都36件の順に多く、肺炎患者が検査を断られた事例などが確認された。不適切事例が発生した背景について、釜萢敏常任理事(感染症危機管理対策担当)は「各地域で全例を検査する余力がなかったのが一番の背景ではないか」との考えを示した。

釜萢敏氏

今回の調査は、必要な検査を各地域で円滑に行えるようにするために役立てることが目的。医師がPCR検査につなげることが必要な患者と判断したものの、実際には検査につながらなかったケースを「不適切」と定義した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 米ジョンソン・エンド・ジョンソン、新型肺炎ワクチン供給へ-来年初頭、緊急用10億回分
  • 【日医】横倉会長が「医療危機的状況」を宣言-新型肺炎、医療崩壊に懸念
  • 【日医】釜萢常任理事「緊急事態宣言の発出を」-爆発的感染前に対応要求
  • 【首相表明】「アビガン」正式承認へ治験-新型肺炎薬、増産も開始
  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力