医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 新型コロナウイルス検査、迅速診断法開発へ動き急-保険適応受け、競争激化

新型コロナウイルス検査、迅速診断法開発へ動き急-保険適応受け、競争激化

読了時間:約 3分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月11日 AM10:00

新型コロナウイルス検査の保険適用を受け、各研究機関や検査薬メーカーは新型コロナウイルスに対する迅速診断法の開発を急ピッチで進めている。神奈川県衛生研究所と理化学研究所、産業技術総合研究所と杏林製薬が共同開発しており、国立感染症研究所もキヤノンメディカルシステムズや富士レビオと共同で診断法の開発に着手した。アカデミアの研究成果を出発点に、産学連携が活発化する一方、バイオベンチャーでも血液や唾液1滴で実施可能な簡易的な診断法の開発に乗り出すなど、各社の開発競争が激しくなっている。

新型コロナウイルス検査をめぐっては、6日から遺伝子検査()が保険適用となったことを受け、エスアールエルなどの複数企業が臨床検査の受託開始を発表。感染研のマニュアルに準拠した検査法を導入し、検査拠点の拡大を図っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価