医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】必要な医療体制構築を-新型肺炎の患者増に備え

【厚労省】必要な医療体制構築を-新型肺炎の患者増に備え

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月11日 AM10:15

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部は6日付の事務連絡で、同ウイルスによる患者数が大幅に増加した際に必要な医療提供体制を構築するよう都道府県に求めた。具体的には、帰国者・接触者外来の増設、がんセンターや産科医療機関など感染症が疑われる人の外来診療を原則的に実施しない医療機関を設定することなどを要請。各地域におけるピーク時の患者数を算出した上で、医療需要の目安として活用することも求めた。

事務連絡では、国内で感染症患者が大幅に増加した時に備えた医療提供体制の確保を求めた。外来診療では、帰国者・接触者外来の増設や、感染症が疑われる人の外来診療を担当する医療機関を一般の医療機関から設定することとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力
  • 【厚労省会議が初会合】厳しい抗菌薬の国内生産-医薬品安定確保に向け議論
  • 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価
  • 【第105回薬剤師国試】合格率69.58%と前回並み-「妥当な難易度」
  • 【薬事日報調べ】薬大の8割が卒業式中止-新型コロナがシーズン直撃