医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】PCR検査を保険適用へ-新型肺炎対応、価格は1800点

【厚労省】PCR検査を保険適用へ-新型肺炎対応、価格は1800点

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月04日 AM10:30

厚生労働省は2月28日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、ウイルスの有無を判断するPCR検査を今週半ばをメドに保険適用する方針を示した。保健所を通さずに各医療機関で検査可能となることで、急増する国民のニーズに応える狙い。価格は、施設内で検査可能な医療機関は1万3500円、検査機関に検体輸送の必要がある医療機関は1万8000円とした。加藤勝信厚労相は、「患者の診断や治療を目的に保険診療ができる体制を立ち上げる。国民の不安な声に応えるため、検査機関と医療機関の力を借りながら検査体制の充実を図りたい」との考えを示した。

PCR検査では、患者の鼻や喉の粘膜から検体を採取し、検体内の遺伝子を増幅させてウイルスの遺伝子情報があるかどうかを確認する。厚労省によると、国立感染症研究所や検疫所などの公的機関、民間の検査会社などによる新型コロナウイルスに関する行政検査の実施件数は1日3800件以上としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力
  • 【厚労省会議が初会合】厳しい抗菌薬の国内生産-医薬品安定確保に向け議論
  • 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価
  • 【第105回薬剤師国試】合格率69.58%と前回並み-「妥当な難易度」
  • 【薬事日報調べ】薬大の8割が卒業式中止-新型コロナがシーズン直撃