医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】アクトヒブ供給遅れ解消-「錆」付着の目視確認を要請

【厚労省】アクトヒブ供給遅れ解消-「錆」付着の目視確認を要請

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月02日 AM10:30

厚生労働省は、サノフィが製造販売する「(破傷風トキソイド結合体)」(販売名:)の供給遅延が解消されることを医療機関に知らせるよう要請する通知を都道府県に発出した。添付溶剤を充填したシリンジの針に錆が見られたことから、同社が原因を調査中として供給を見合わせていたが、「シリンジ容器等の製造に問題は見られなかった」と結論づけたことによるもの。今月は57万本以上供給する見込みだが、厚労省は、同剤を使用する場合は錆が付着していないかを目視で注意深く確認することを引き続き求めた。

アクトヒブをめぐっては、添付溶剤が充填されたシリンジ容器の針に錆が確認されたことを医療機関がサノフィに報告。この事案発生を受け、同社がフランスの製造元、シリンジのサプライヤーを時間をかけて調査していたことから、製品の供給が滞り、取引卸からの受注を一時的に見合わせていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日医】釜萢常任理事「緊急事態宣言の発出を」-爆発的感染前に対応要求
  • 【首相表明】「アビガン」正式承認へ治験-新型肺炎薬、増産も開始
  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力
  • 【厚労省会議が初会合】厳しい抗菌薬の国内生産-医薬品安定確保に向け議論
  • 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価