医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフル流行マップ第7週】警報・注意報レベル超えともに100か所を切る-感染研

【インフル流行マップ第7週】警報・注意報レベル超えともに100か所を切る-感染研

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月21日 PM03:35

B型の割合増加、直近5週間で17%

国立感染症研究所は2月21日、2020年第7週:2月10日~2月16日(2月19日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより

2020年第7週の定点当たり報告数は7.49(患者報告数3万7,198)となり前週の定点当たり報告数9.04より減少した。都道府県別では北海道(16.38)、(12.15)、大阪府(11.62)、沖縄県(10.26)、滋賀県(10.23)の順となっている。5道府県で前週の定点当たり報告数より増加がみられ、42都府県で前週の定点当たり報告数より減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約26.3万人(95%信頼区間23.7~28.9万人)となり、前週の推計値(約31.5万人)より減少。年齢別では、0~4歳が約2.9万人、5~9歳が約8.8万人、10~14歳が約5.8万人、15~19歳が約1.2万人、20代が約1.2万人、30代が約1.8万人、40代が約1.9万人、50代が約1.1万人、60代が約0.9万人、70代以上が約0.7万人となっている。また、2019年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約675.2万人となった。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は22道府県の計49か所、注意報レベルを超えている保健所地域は24都道府県の63か所だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は335例で、前週(465例)より減少。45都道府県から報告があり、年齢別では0歳(15例)、1~9歳(128例)、10代(30例)、20代(3例)、30代(4例)、40代(8例)、50代(11例)、60代(29例)、70代(40例)、80歳以上(67例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2020年第3週~2020年第7週)でAH1pdm09(82%)、B型(17%)、AH3亜型(1%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • オメガ水酸化脂質がドライアイを防止、涙液の「油」を標的とした新規治療に期待-北大
  • 赤ちゃんは両親にぎゅっと抱きしめられるとリラックスすると証明-東邦大ほか
  • 哺乳類の受精膜融合に必須な精子側因子を発見、男性不妊治療への応用に期待-阪大ほか
  • 発症時刻不明の脳梗塞、FLAIR陰性所見での静注血栓溶解療法の安全性確認-国循ほか
  • 歩行の速さより「歩数」が重要、「1日1万2,000歩」で死亡リスクは低下-米NIH