医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ハンチントン病治療薬「RG6042」、希少疾病用医薬品に指定-中外

ハンチントン病治療薬「RG6042」、希少疾病用医薬品に指定-中外

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月19日 AM11:15

mHTT産生を抑制、ハンチントン病の進行遅延や抑制に期待

中外製薬株式会社は2月17日、ハンチントン病を予定適応症として開発中の「」について、厚生労働省より希少疾病用医薬品の指定を受けたことを発表した。

RG6042は、ハンチンチンメッセンジャーリボ核酸(HTT mRNA)を標的とするアンチセンスオリゴヌクレオチドで、ハンチントン病の原因遺伝子から産生される変異型ハンチンチンタンパク質(mutant huntingtin protein:mHTT)の産生を抑制させるよう設計された薬剤。ハンチントン病の疾患修飾薬として開発中であり、同剤の投与によりハンチントン病の進行の遅延や抑制が期待される。

RG6042は、2015年5月に欧州、同年12月に米国においてハンチントン病治療薬として希少疾病用医薬品の指定を受けた。また、2018年には欧州医薬品庁(EMA)よりPRIME(PRIority MEdicines)指定を受けている。現在、国際共同P3試験(GENERATION HD1)を実施中だ。

指定難病の遺伝性疾患、不随意運動や認知症などを伴って発現

指定難病のハンチントン病は、舞踏運動を主体とする不随意運動、精神症状、認知症を伴って発現する遺伝性疾患。CAGリピート配列が伸長した変異型ハンチンチン遺伝子から翻訳されるmHTTが蓄積し、毒性を示すと考えられている。現在、ハンチントン病の根治治療はなく、不随意運動や精神症状に対する対症療法が一般的だ。国内の患者数は平成29年度特定医療費受給者証所持者数が900人で、有病率は人口10万人あたり0.7人とされている。

同社の上席執行役員プロジェクト・ライフサイクルマネジメント共同ユニット長の伊東康氏は、「RG6042を初の疾患修飾薬としてハンチントン病の患者さんへお届けできるよう、現在実施中の臨床試験をロシュ社と協力して進めてまいります」とコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー
  • エンパグリフロジン、左室駆出率低下の心不全対象P3試験結果を発表-独ベーリンガーと米リリー
  • 多発性硬化症治療薬「メーゼント錠」発売、CYP2C9検査無償提供も開始-ノバルティス