医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書

【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書

読了時間:約 1分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月14日 AM10:30

医薬品の市販後安全対策を文書化した医薬品リスク管理計画(RMP)を改訂した際に、医療機関への周知方法を盛り込んだ手順書を定めている製薬企業は約3割にとどまることが、日本製薬工業協会医薬品評価委員会ファーマコビジランス部会の調査で明らかになった。大半の企業は、RMPの改訂内容に応じて医療機関に何らかの周知を実施していたとしても、手順が明文化されていなかった。RMP策定経験のある企業が増える一方、RMP実装後の運用方法を検討する必要性が浮き彫りになってきている。

RMPは2014年10月に法制化され、昨年4月時点で医薬品医療機器総合機構(PMDA)のウェブサイトに400製品以上が掲載されており、多くの企業がRMPの策定を経験している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【知財フォーラム】激変する企業の知財戦略-デジタルヘルス対応で
  • 【WHO 進藤氏が警鐘】新型肺炎、世界が日本を心配-根絶断念せず、食い止めを
  • 【製薬協k部会】RMP周知方法定まらず-企業3割が改訂時に手順書
  • 【全国薬局調査で判明】病薬連携の遅れが鮮明に-情報入手先、病院1割切る
  • 【日薬連】医薬品供給調整で枠組みを策定-新型肺炎受け、原料を確保