医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協】薬局の対人業務、手厚く評価-診療報酬改定案を答申

【中医協】薬局の対人業務、手厚く評価-診療報酬改定案を答申

読了時間:約 4分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月10日 AM10:45


「服用薬剤調整支援料2」に100点

中央社会保険医療協議会は7日、2020年度診療報酬改定案をまとめ、加藤勝信厚生労働相に答申した。調剤報酬では、調剤料と調剤基本料の一部を適正化して確保した財源を「薬剤服用歴管理指導料」や、薬局の対人業務の評価で新設される「服用薬剤調整支援料2」(100点)、「吸入薬指導加算」(30点)、「調剤後薬剤管理指導加算」(30点)、「経管投薬支援料」(100点)などの項目に振り向けた。18年度改定で新設された「地域支援体制加算」は、現行の35点を38点に引き上げ、より地域でかかりつけ機能を発揮できるような実績要件に見直した。病院薬剤師の病棟活動を評価する「病棟薬剤業務実施加算」は、加算1と加算2の点数をそれぞれ120点、100点に引き上げ、「常勤薬剤師2人以上」の要件も緩和した。

答申書を小島政務官(右)に手渡す田辺中医協会長

調剤料「8~14日」は55点

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で
  • 【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で
  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証