医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 新型コロナウイルス関連の研究成果やデータを国際的に迅速共有する声明に署名-AMED

新型コロナウイルス関連の研究成果やデータを国際的に迅速共有する声明に署名-AMED

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月04日 AM11:15

感染の流行に対処するために迅速共有、論文発表には不利にならない

)は2月3日、新型コロナウイルスの流行に対処するため、新型コロナウイルスに関連する研究成果とデータを広く迅速に共有する声明(令和2年1月31日)に署名したと発表した。

優れた研究データや研究成果は、論文が学術誌で出版されるまで、それらを公開しないことが規範となっている。感染症の流行などに対処するには、関連する研究から得られる質の高いデータや成果を遅滞なく世界保健機関(WHO)や公衆衛生関係者など誰もが利用出来るように共有することが大変重要だ。

AMEDはこれまでに、感染症の流行に対処するために研究データや結果を共有すること、またそのことが論文発表に不利にならないように取り組むことを、2016年のジカ熱流行の際、また2018年のエボラ出血熱流行の際に、世界の研究支援機関や学術誌出版社とともに声明として発表した。今般、中華人民共和国での新型コロナウイルス感染症の流行を受け、新型コロナウイルスに関しても同様の取り組みを行う声明に署名した。

「新型コロナウイルス関連データは投稿時点でWHOに共有」など

声明の主な内容は下記の通り。

・中華人民共和国での新型コロナウイルス感染症流行が公衆衛生への脅威となりつつあるなか、研究者、学術誌、研究支援機関の協力によって、新型コロナウイルス感染症流行に関する研究成果とデータが広く迅速に共有されることが重要である。
・学術誌は、新型コロナウイルスに関係する研究内容についてアクセスをフリーとし、研究論文の提出前データや前刷りの共有は、本署名に参加した学術誌での出版に先駆けた公表とみなさない。
・新型コロナウイルスに関する研究成果は、データの利用可能性を明確にした上で、投稿時または投稿前にプレプリントサーバー等で公開する。
・新型コロナウイルスに関係する研究内容は論文の投稿時点で、著者の許可の下、世界保健機関(WHO)に速やかに共有する。
・新型コロナウイルスに関係のある研究については、できる限り迅速かつ幅広く、質の高い中間及び最終データを共有する。

声明に署名した研究支援機関や学術誌出版社は、AMED以外に、、米国疾病予防管理センター()、The British Medical Journal()、The Network、The 、New England Journal of Medicine()など多数。詳細は、下記関連リンクを参照されたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 生体内HIV-1感染細胞のリアルな特徴をマルチオミクス解析で解明-東大医科研ほか
  • 血管内皮増殖因子の発現、遺伝子St18が抑制するメカニズムを解明-生理研
  • アルツハイマー病発症時期を、AIを用いて個人の経過年ごとに予測-追手門学院大ほか
  • アトピー性皮膚炎で「補完代替療法使用歴あり」の子どもは重症度が高いと判明-成育医療センターほか
  • 移植後血栓性微小血管障害症、急性移植片対宿主病の合併がリスク因子に-京大ほか