医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 外来高齢者ケアの質、数値化-シドニー大・藤田氏ら、「薬局版QI」臨床研究を開始へ

外来高齢者ケアの質、数値化-シドニー大・藤田氏ら、「薬局版QI」臨床研究を開始へ

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 AM10:15

シドニー大学薬学部博士課程の藤田健二氏らの研究グループは、5月から日本で薬局版クオリティ・インディケーター(QI)の導入成果などを検証する臨床研究をスタートさせる。昨年3月まで実施した臨床研究「JP-QUEST」の第二弾で、今回は薬局薬剤師が提供する外来高齢者ケアの質をQIで可視化することに取り組む。また、QI導入による調剤報酬の各加算の算定に対する効果を評価する。2月に研究説明会を開き、参加薬局を募集する計画だ。

薬局版QIは、主に薬局薬剤師の業務プロセスの質を数値化する指標のことである。継続的にQIスコアをモニタリングし、必要に応じて対策を講じることにより、業務の質改善に役立てることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ