医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬学教育協議会調査】初任給バブルがピークに-薬局は男女「30万円超」が最多

【薬学教育協議会調査】初任給バブルがピークに-薬局は男女「30万円超」が最多

読了時間:約 2分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月15日 AM10:15


■超売り手市場、高額化に拍車

薬学教育協議会がまとめた「2019年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査」によると、6年制学科卒業生で最も就職者が多かった薬局の初任給の分布は、男女共に「30万円以上」が最多となった。昨年に比べて男性では「30万円以上」の割合が増加に転じ、「24万~26万円」と「26万~28万円」の割合が減少。女性でも「30万円以上」の割合が増えており、初任給バブルはかつてないピークに達した。同協議会は「依然として平均金額に男女格差がある」と分析しているものの、初任給の高額化に一層拍車がかかっている格好だ。病院・診療所薬局の初任給は「20万~22万円」「22万~24万円」が最も多い傾向は変わらず、初任給が最も高額なのはドラッグストアなどの医薬品販売業となった。

初任給の調査は、就職者8826人のうち6893人(卒業生の78.1%)からの回答をもとに集計したもの。初任給は本俸を原則としつつ、職域・職場による解釈が異なる場合があることから、全体の傾向についての解析結果を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲
  • バイオ後続品にAGの壁-「普及を阻害」と指摘相次ぐ
  • 薬局認定、連携が制度の肝-山本審議官が講演「点数でない先手打つ業務を」日本薬剤師会学術大会