医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【道病薬】非薬剤師業務で見解公表-無資格調剤受け、解釈示す

【道病薬】非薬剤師業務で見解公表-無資格調剤受け、解釈示す

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月10日 AM10:30


■地域の事情踏まえ対応

(会長:宮本篤札幌医科大学附属病院薬剤部長)は、非薬剤師業務の範囲を明確化した厚生労働省通知「調剤業務のあり方について」に対する見解をまとめ、公表した。広大な地域をカバーする道内では薬剤師不足が深刻な状況にあり、多くの医療機関で非薬剤師を活用しているのが現状。昨年11月には旭川市の病院で無資格調剤が発覚し、薬剤師法違反として行政指導を受けたことから、第二の違反事例を発生させないためにも、道内の医療機関の事情を踏まえた見解を示すことが必要と判断した。都道府県病院薬剤師会が通知への見解を示した初めての事例となる。

昨年4月2日の通知発出以降、非薬剤師業務の内容をめぐって様々な解釈が発生している。こうした中、道病薬では、通知に示された「調剤に最終的な責任を有する薬剤師」について、1人の場合と複数の薬剤師が関与する場合があるとした上で、「基本的ルールを『医薬品の安全使用のための業務手順書』などにおいて予め定めておくことが必要」との見解を提示。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足
  • 【厚労省】「ゾレア」に効能変化の特例-14成分に市場拡大再算定
  • 【厚労省】緊急避妊薬の研修で通知-オンライン診療に対応
  • 【19年度の登録販売者試験】全国で2万8328人が合格-平均合格率は43.4%に
  • 【厚労省】一部OTC薬も迅速審査-豪州で早期上市可能に