医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【診療報酬改定率で閣僚合意】本体を0.55%引き上げ-大型門前等の「外枠」はなし

【診療報酬改定率で閣僚合意】本体を0.55%引き上げ-大型門前等の「外枠」はなし

読了時間:約 2分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月20日 AM10:15

麻生太郎財務大臣と加藤勝信厚生労働大臣は17日、来年度予算案の閣僚折衝を行い、医療の技術料などに当たる「診療報酬本体」を0.55%(国費+600億円程度)引き上げることで合意した。このうち、0.08%を特例的な対応として救急病院勤務医の働き方改革に充て、消費税財源を活用。残る0.47%分の各科改定率の内訳については、医科0.53%増、歯科0.59%増、調剤0.16%増で、技術料割合に基づく医科:歯科:調剤の配分比率は「1:1.1:0.3」を維持。改定率の外枠で大型門前薬局等の報酬を削減するなどの対応は行われなかった。

閣僚折衝する加藤厚労相(左)と麻生財務相

今回、診療報酬の本体部分はプラスとなったが、平均乖離率を踏まえ実施される通常の薬価改定で0.99%(国費1100億円程度)、材料改定で0.02%(国費30億円程度)引き下げられることから、全体では0.46%のマイナス改定となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直し検討開始-「スポンサー」導入など論点
  • 【厚労省】コロナ中等症にも投与可-ベクルリーの添付文書改訂
  • 杉本福井県知事「3月末までに行政処分」-小林化工の睡眠薬混入問題
  • 【日薬連】供給調整スキーム発動-小林化工の自主回収問題で